【上棟式】上棟準備と節約のポイント*費用公開中

お金のこと

こんにちは、yukimiです。

今回は上棟についてのお話です。
上棟式も地鎮祭と並んで、やるかやらないか悩まれる行事ですよね。

yukimi
yukimi

上棟式のイメージと言えばどんな感じですか?地域によって風習が違ったりもしますね!
我が家は式はしませんでしたが、出来る範囲でなるべく豪華にやりました!

実際に準備をしてみて、こうすればもっと節約できると思ったポイントを紹介しています
また、心配になる天気。我が家は、雨に合い当初の予定と変わってしまったことがあります!そのことについても書いています。

  • 上棟式する?しない?
  • 上棟の日に雨が降っても大丈夫?
  • 手土産やご祝儀って必要?
  • かかる費用は?

そんな疑問を持っている方の参考になればと思います♪

スポンサーリンク

上棟式ってどんなイメージ?何をする?

夫

餅撒きとかして〜宴会みたいなのしたい!食事は仕出しで予算は1人7000円くらいかな♪

yukimi
yukimi

えっ!結構昔ながらのやつやりたいんだな…合計いくらかかるのそれ…

工務店の担当さんにこの辺りの風習や皆さんどんな感じでされるのか聞いてみました。

担当さん

上棟が終わった後に施主様にご挨拶いただいて皆でお弁当を食べる感じが多いですよ〜

うんうん、なんとなく私がイメージしていたのはそんな感じです。
そのまま、上棟式をやりたい旨を伝えました。すると…

担当さん

式ですか〜。その場合は神主さんとスケジュールを合わせて、玉串料を払って、となるのでうちのお客様では式をされる人はほぼいませんね。

なんと、神主さんを呼んでの上棟式をされる方はほぼ居ないと!
これはかなり意外でした。てっきり地鎮祭と同じく半々くらいかと…。

上棟式をする?しない?

上棟式はしたい!と思っていた私。担当さんの話を聞き、一旦持ち帰って夫と相談することにしました。

決めなくてはいけないことは主にこの5つ

  • 上棟に立ち会うor立ち会わない
  • 神主さんを呼んでの式をするorしない
  • 食事を共にするor用意はするけど一緒には食べない
  • ご祝儀を用意するorしない
  • 手土産を用意するorしない



我が家の出した結論

  • 上棟に立ち会う
  • 神主さんを呼んでの式はしない
  • 食事は共にする
  • ご祝儀を用意する
  • 手土産を用意する

こんな感じにすることにしました!最初に営業さんが言っていたような感じ+αですね。

上棟式をしなかった理由

上棟と言えば応援の大工さんを呼んで大人数で行うので、スケジュール調整が難しくなります。

式をするとなると神主さんのスケジュール調整も必要です。大工さんを揃えても神主さんがNOなら別日にしなくてはなりません。

西日本豪雨や増税の影響で人手も足りない…しかも年末。もしスケジュールが合わなければ年明けになります。年明けは神主さんも忙しいですよね。

現場監督にも1月は上棟が立て込んでいるので1月なら中旬以降になると言われていました。

これは…式をすることよりもスケジュールを優先してもらった方がいいな、と思い神主さんを呼ばないことにしました。

yukimi
yukimi

本当はやりたかったんですが、そのために1ヶ月スケジュールが遅れるのは勘弁です。
でも式をしていないだけで施主挨拶などはやりましたので概ね思っていた通りにはできました!

上棟での食事って何を用意する?

我が家の上棟は年の瀬迫る真冬です。

yukimi
yukimi

冷たい風が吹き荒ぶ中で冷たいお弁当食べるの寒くないです…?お店に移動するとか、仕出しってどうですか?

担当さん

お店ですか!1〜2回経験したことがありますよ!冬でも寒い中食べるのが当たり前なのでそこに疑問を抱いたことはありませんでしたね〜

ほほう。つまり寒いからどうこうは気にしなくても良さそうですね。

仕出しにするか、お弁当なら温かい豚汁でも作ろうかな♪

実際に頼んだお弁当

実物の写真は撮り忘れたのですが、典型的な仕出し弁当って感じですね。笑

2500円のものにしました。

上棟のお弁当は良いものを頼むべき?

いえいえ、そんなことはないと思いますよ!

この辺では1500円のお弁当にされる方が圧倒的に多いようです!

注文しに行った時は店員さんに「上棟ならこの1500円のお弁当ですかね!」と言われたのを「いえ、豪華にしたいので2500円の方で!」と注文しました。

夫と私は食べ物にお金をかけたいタイプ…というか自分が豪華なものを食べたいだけなので…笑
和食のテンプレ的な仕出し弁当よりもボリューム満点の焼肉弁当などの方が喜ばれるなんていう話も聞きます。

夫

俺も建設業だけど正直なところ量が多い方が嬉しい。

夫は仕出し弁当ではなく、仕出し会席料理にしたかったようですがそれは辞めました。理由は当日の天気です。

yukimi
yukimi

ここだけの話、夫が当初言っていた予算1人7000円がポシャってホッとしました。笑



天気予報が雨!上棟ってどうなるの?

上棟の日に雨が降ると不安ですよね…

基礎工事中に雨に見舞われた我が家…上棟も天気予報が思いっきり雨でした!!

どうなるの?延期?

yukimi家の場合は前日の天気予報で最終決定を出すことになりました。

そして前日の天気予報は…午後から雨。

担当さん

午前中に急ぎで進めましょう。無垢材では無いので多少なら濡れても問題無いでしょう。上棟のあと年末年始を挟むのでしっかり乾燥もできると思います。

こうして予定通り決行が決まりました。

お昼休憩をせずに一気に進めることになった為、お弁当は一緒に食べないことになり、終了時間次第では持ち帰れるように、仕出し会席ではなくお弁当にしました。

yukimi
yukimi

仕出し会席は器を返却しなくてはなりませんのでね〜。豚汁も作りませんでした。

担当さんがてるてる坊主を作ってくれました。

差し入れって必要?

上棟の際には10時と15時にお茶と軽食などの差し入れをするってよく聞きませんか?

我が家は上記のようにスピード勝負だったので休憩の時間が分からず、セルフ方式で朝から置いておくことにしました。

Instagramに投稿した写真しか残っておらず見づらいのですが、こんな感じです。

飲み物はペットボトルのお茶と、スティックコーヒーやカップスープ用にポットも置いておきましたが、やっぱり面倒なようで手付かずでした(・・;)

温める機械?を持参されていたので、皆さん缶コーヒーを温めて飲んでおられました。
お菓子はお煎餅だけ少し減った程度です。笑

ちょっと失敗だったかなって思いますが、こればかりは当日のスケジュールや個人の好み、季節などで大幅に変わりますから難しいですね。

yukimi
yukimi

Instagramでは菓子パンや惣菜パンが人気だったという投稿をよく拝見します♪

手土産は?

低コストでおしゃれに

ネットで検索すると、おつまみやお菓子を数種類ずつ袋詰めしたり、赤いパッケージのビールと白いパッケージのビールを2本組み合わせて紅白にして包んだり、とてもお洒落な手土産にされている方を見かけます!
この場合、ラッピング費用も含めて1人6〜700円くらいで用意できるのではないでしょうか?

メッセージカードをつけたりして、ローコストでお洒落なうえに気持ちのこもった手土産で良いなぁと思います。

その分、手間もかかるので前もって準備しておいた方が良さそうです。

オーソドックスに紅白饅頭

yukimi家は田舎です。お洒落な今時なものが受け入れられるか分からなかったので、オーソドックスにヱビスビール6缶パックと紅白饅頭にすることにしました。

が!なんとお店の手違いで紅白饅頭が入手出来ませんでした…

それが上棟前日の朝のこと…紅白饅頭は基本的受注生産のお店が多いので、前日から頼んで間に合うお店はありませんでした。

残念ですが、急いで買いに走り1つ700円くらいの和風の焼き菓子にしました。

火事を連想させるため上棟に「焼き」は良くないと言われることもありますが、我が家はもう選ぶ時間が無かったので気しないことにしました。

紅白饅頭は1つ300円くらいのもの。差額が数千円にもなりました…これは悔しい。

受注生産のものは2日前くらいに再度確認しておいた方が安心ですね。


ご祝儀は渡す?渡さない?

  • 大工さん達も給料を貰っているのだから渡す必要はない
  • いろんな職人が関わるのに大工さんだけに渡すのは不公平だ

いろんな意見があると思います。

渡さなければいけないものなのか?と言うと、やっぱりそんなことは無いと思います。

yukimi
yukimi

でもやっぱり貰えると嬉しいものなのは間違いないですよね。笑

yukimi家は基本的にやりたがりです。渡したかったので渡しました。笑

熨斗袋の選び方

地鎮祭の時に使用したあわび結びの熨斗袋が残っていたので、それを使用しました。
熨斗袋は包む金額と熨斗袋自体の格を合わせなくてはなりません。

  • 1万円以上には水引がついているもの
  • 1万円未満には印刷のもの

私は上記のように使い分けました。
手渡す時に間違えずに済みますので面倒がらずに分けておくことをおすすめします。

字が下手なのは愛嬌で…

熨斗袋の表書き

さほど難しく考える必要はありません。下記のようにしておけば問題ないでしょう。

  • 表書きは御祝儀
  • 名前は施主のフルネーム

表書きで「上棟御祝」などと迷われる方もいらっしゃるかと思いますが、この表書きは上棟に招かれた人が施主に渡す時に使われるものですので、施主が使う表書きではありません。

ご祝儀の金額

我が家が実際に渡したご祝儀の金額は以下の通りです。

  • 現場監督2万円
  • 棟梁2万円
  • 応援大工さん5千円
  • 担当さん1万円

現場監督や棟梁には3万円の方が良かったかな?とも思いましたが、細かいことは気にしません。笑

と言っても上棟のご祝儀と言うよりは「お茶代にでもしてね〜」と言うつもりで渡したので、上棟の時以外にも携わった職人さんほとんどに渡しました。

yukimi
yukimi

もしかしたら渡しそびれた人がいるかもしれないけど…

ご祝儀を渡すタイミング

ご祝儀をいつ渡せば良いのかソワソワしますよね!笑

結婚式などでは真っ先に受付で渡すよね〜

上棟の場合は終わった後が一般的です。
我が家の場合は全てが終わった後に、担当さんが挨拶の場と手土産とご祝儀を渡す機会を設けてくれました。

上棟式をするかしないか、一緒に食事をするかしないか等で変わってくると思います。
あらかじめ担当営業や現場監督等にご祝儀を渡したい旨を伝えておくと良いでしょう。

いつの間にか帰宅されていて渡せなかったという話も耳にします。

担当さんの反応

上棟後に工務店で打ち合わせがあり、担当さんが少し恐縮されたような感じでした。

担当さん

あの…結構出費されたんじゃありません…?なんかすみません…ありがとうございます。

あれ?なんかもしかしてやりすぎた?って思いました。笑

夫

見栄っ張りと思われたら恥ずかしいなぁ〜…

ローンの関係で懐具合も全て知られていますからね。笑
でも夫も私も満足しているので良いです。

結局は「やりたい人がやればいい」自己満足な気がしますね。

かかった費用

私は聞いていた人数と自分たちの分+予備として全て15人分ずつ用意しました
田舎なので(笑)近所の親族が突然くるパターンを想定して多目に用意しました。

お弁当

2500円×15人+1000円(お子様弁当)=38500円

差し入れ

消費はほぼ0で結局は自分と子供のオヤツになったのですが3000円くらいで計上します。

手土産

エビスビール×15=19000円程度
お菓子700×15=10500円

ご祝儀

20000円×2=40000円
10000円×1=10000円
5000円×7=35000円

合計金額

156000円

こう見ると結構かかりましたね〜。
ローコストな物を選んで数をピッタリに合わせれば10万円くらいには抑えられた気がします。

上棟式をされる場合は玉串料+お供物で更に5万円くらいはかかると思っておいた方が良さそうですね。

コストを抑える方法

正直、上棟のあれこれにお金かけるくらいならオプション増やしたい…

yukimi
yukimi

ほんまそれ〜笑

我が家は元々するつもりだったのである程度の金額を見ていましたが、上棟式にお金をかけたくない場合は思い切って何もしなくて良いと思います

何故なら、昔とは違い上棟の手間がかからない場合や、技術を求められない場合が多いからです。
今は工場である程度作ってから現場で組み立てる工法も多いですよね。
なので上棟に御祝をする習慣自体が減ってきています。

また、共働きが増えていますから仕事で参加できない方や、遠方で参加できない方もいらっしゃいます。
正直、全然気にしなくても良いのではないかと思いますよ◎

それでも何もしないのはちょっと気が引けるかも

そんな場合には飲み物とお弁当だけ準備しておいてはいかがでしょう?
ご祝儀だけを用意するパターンもありですが、そちらはどうしても高額になってしまいますからね。
お弁当と飲み物だけの場合、多めに15人分用意したとすると

飲み物150円×15人=2250円
お弁当1500円×15人=22500円
合計24750円

もし10人なら16500円で済みます!

当日の様子

準備と費用について長々と書きましたが、当日の様子を少しご紹介します。
なんと!天気予報では午後から雨だったこの日、朝は快晴でした!!

8時過ぎに起きると(寝すぎました)既に1階の柱が立っていました!

8:30頃 既に1階の柱が立っています。
10:30頃 2階の柱が立ちました。
11:30頃 2階の天井から屋根にかけてを作業しています。
13:30頃 昼食を取って見に行くとほとんど終わった風。

大工さんが和気藹々と声を出しながら超特急で仕上げてくれました!
「やっぱり上棟は楽しいなー!」という声も聞こえ、こちらもとても嬉しく思いました♪

天気予報通りお昼頃からポツポツと雨が降り出しましたが、傘が無くても平気な程度で済みました。
お昼過ぎからにはルーフィングを張り始め、14:00頃に施主挨拶諸々、15:00には全員が撤収済という素晴らしい速さでした!

工法、間取り、人数などでかかる時間は全く異なってきます!2日かける場合もあるようです。

yukimi
yukimi

上棟はどんどん立ち上がっていく様子がとても楽しかったので、予定の合う方は是非見学することをおすすめします!

まとめ

かなり長くなってしまいましたね。
準備と費用それぞれに関するポイントをまとめてみました。

準備のPOINT
  • 式をするなら早めにスケジュールの確認
  • 雨は無垢材でなければ多少濡れても大丈夫
  • 差し入れに正解はない…冬は温かい缶コーヒーが人気
  • お弁当は1500円くらいが一般的、用意するなら事前にその旨を伝えておく
  • 手土産はビールとお菓子の組み合わせが無難
費用のPOINT
  • ご祝儀を渡したい場合…現場監督と棟梁1〜3万円、応援大工さんは5千円程度が一般的
  • 費用は人数や内容次第ではあるが10万〜15万円程度見ておくと安心
  • 節約したい場合…お弁当と飲み物のみなら2〜3万円あれば十分
  • 手土産も手間をかければ1人あたり数百円で用意できる

こんな感じでした♪どなたかの参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました